セレクトショップ Furaha clothingブログ

セレクトショップ furaha clothingのブログ NY LA アフリカからレゲエ/エスニック/ビンテージ古着をセレクト、コーディネートして大阪からお届けします

TOP > カテゴリー [vintage designer/ビンテージ ]

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

vera neumann2

vera neumann

まいどです。
veraヴィンテージスカーフをお探しで、ここのブログに辿り着く方が多い模様。

ヴィンテージモノってロゴ年代がわかるんですが、veraロゴマークが結構沢山あって、
ワタシもこんがらがったり、?ってなる事もあります。

多分、veraラバーの皆さんが、ワタシのは何時の年代のやつ?となってる様です。

で。
veraの公式サイトが、年代ロゴの見分け方を出してくれています。
やさしーーーい!そこからの転載&簡単に訳をば。

to date your vera products

ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1959

When the signature is very small and looks as though the letters are all the same size, that scarf is from the 50s.
These scarves are from the late 50s,
so the V is a bit bigger than the rest of the signature.
The late 40s and early 50s scarves show more evenly sized letters.
There are no copyright symbols on the 50s scarves,
but don’t be fooled―the designs are copyrighted!

サインは小さくて、全部同じサイズのスカーフは50年代の物。
写真のスカーフは50年代後半の物で、”V”の字体が他の文字より 少し大きめです。
40年代後半と50年代前半のスカーフはもっと文字のサイズが均等です。
50年代のスカーフにはコピーライトマーク(c)がありません。



ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1960

ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1966

The signature then still is small, but gets slightly bigger and adds a © symbol in the early 60s. The ladybugs are added and the signature is still slightly smaller. The ladybug is the same size as the signature.

*60年代前半はサインはまだ小さく、字体が少しだけ大きくなって(c)のコピーライトマークが付きます。
てんとう虫マークが付き、サインはまだ小さく、てんとう虫マークとサインの大きさは同じです。



ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1967
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1967
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1967
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1968
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1968
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1969
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1969
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1969

In the late 60s, the ladybug disappears and the signature gets very large. At times, the ladybug is still there. You can see the two 1967 scarves that have a signature that is similar to the early/mid 60s logo. They are probably from the first half of 1967. The ladybug disappears for a few scarves and then comes back with a larger signature or after the large signature. Then, in 1969 the ladybug disappears again and leaves a large signature.
*60年代後半では、てんとう虫マークは消え、サインは大きくなります。
と同時に、てんとう虫マークはまだあります。1967年代は60年代前半・中半のロゴによく似たサインのスカーフがあります。
(つまり、てんとう虫マークあるやつと無いやつが混ざってる?)
1967年の前半からです。
てんとう虫マークは少しのスカーフで消え、より大きいサインが採用されるようになります。
1969年には てんとう虫マークはまた消え、大きいサインが使われます。



や、、ややこしい・・・。

ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1970
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1972

The ladybug stays away for the early 70s…
てんとう虫マークは70年代前半で 無くなって行きます。



ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1974
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1975
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1976

…and then reappears in ’73 with a very large signature. She then shortly disappears in 1976.
*73年に大きなサインと共にてんとう虫マークが出てきます。
その後、1976年にまた消えます。 



ま・・・またっ!?

ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1981
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1985
ヴェラ vera neumann スカーフ ビンテージ 年代 ロゴ
1991

The ladybug totally disappears in the 80s and doesn’t come back (until our present-day scarves). The signature is smaller than in the 70s.
*てんとう虫マークは80年代に完全になくなり、もうてんとう虫マークが付く事はありません。
サインは70年代のサインに似ています。



あれーっと!
以前書いた物、ちと違った様子。
vera neumann

veraの公式、めちゃ為になる~!!
他にもスカーフの使い方とか色々載っています。
vera company

セレクトショップ furaha clothingにも VERAスカーフありますので、チェックしてみて下さい。
来週位に 大量に入荷します。
ヴィンテージ スカーフ 古着 VERA NEUMAN
スポンサーサイト

| vintage designer/ビンテージ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

averardo bessi

afro


averardo bessi
bessi1


The Averardo Bessi Company was founded in 1950 in Italy.
The company continues to present to the fashion world the patterns and style of Averardo Bessi,
the designer for which the company is named.
Their collections are very characteristic of the exclusive designs created by Mr. Bessi.
The secret of success for Averardo Bessi is derived from the superior creativity of the florentine artisan tradition of constructing unique, wearable masterpieces.

BESSIの情報って 少ないのね・・。
YAHOO!ITALIAまで探してしまいましたわ。
何年かpucciのデザイナーさん やったってゆうことしか
わかりませんでした。
でも、大阪 東京でもSHOWしてるみたいー!
ホントにきれいなTEXTILE!!!
幾何学模様ってより お花!お花!


bessi2

bessi3

bessi4

bessi5

今のんより70's VINTAGEに惹かれてしまう タカギであります。
BESSIもめちゃめちゃ 高いですね。

BESSIのHPです
http://www.averardobessi.it/

なかなかDIGれないですが、FURAHAにもBESSIあるのでCHECK!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
blog ランキングなんてもんに参加しちゃいました
↓あ!ポチ。
blog_rank


 セレクトショップ Furaha clothingもよろしくです。
furaha-barner

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

| vintage designer/ビンテージ | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

stepen burrows

afro


stephen burrows
-アメリカ初のafroamericanデザイナー-

vintage6

70年代、ブラックパワーが注目される時代の流れの中で、アメリカで初の黒人デザイナーとして頭角を現す。彼の斬新なデザインは、現代的な女性たちに今なお支持されている。

前のBLOGでも 名前が登場した STEPHEN BURROWS
前のBLOGはこちら「BLACK STYLE NOW」
http://furahaclothing.blog52.fc2.com/blog-entry-42.html

人と同じものは嫌!!
って 人や何かコダワリがある人はvintageに走りますね。
音も服も。
今のデザイナーさんも多くは 70’s  vintageに影響受けてますね。
この人の作るドレスがかわいい事 かわいい事。。。

前のVINTAGESHOWで めちゃくちゃかわいいワンピースを発見して
(でも 余りの高額($1200位)だったので入れてもしゃーないので
諦め@@)
今更あのワンピが STEPHEN BURROWSだった事に気づきました。
(おそ!)
そのワンピース
vintage7

LAのVINTAGESHOPで $1650!!
(もしかして VINTAGESHOW買いやったんでわ!!ショック!)


70年代のニューヨーク・ファッションを活気づけたのは、
ハルストン、ジョルジョ・ディ・サンタンジェロ、
スティーヴン・バロウズの3人である。
しかしなんといっても、バロウズがずば抜けていた。

あの頃はまだ、一気にスターダムに乗って大きな契約を結べるような時代ではなかったし、ましてアフロ・アメリカンとなれば厳しさもひと際だった。しかしバロウズほどの想像力と才能をもってすれば時はやがて訪れる。1968年、彼はあらゆる困難をものともせず“O”ブティックを開店し、彼のサクセスストーリーは始まった。

1970年には、ヘンリ・ベンデルの旗印のもと、
ジェラルディン・スタッツという最高の師を得て、
スティーヴンは初めてのインハウス・ブティックを開店する。
スティーヴン・バロウズ・ワールドの“真髄”を、ニューヨーク・タイムズは「実にシンプルなまばゆい色」と表現していた。
革の縁取りを多用した驚くほど斬新なジャージーの扱いと、
縮れたレタスのような縫い目は、
それがやがてファッションの主張になるずっと前に、
彼がすでに考え出していた

サイドにレースをあしらったナバホ族風のパッチワーク・ズボンなど、ネイティブ・アメリカンのデザインの影響がしばしばみられる革の作品は傑出していて、いまだにコレクターズ・アイテムのままである。

スティーヴンの作品が多くの人々を魅了したのは、
ウィットに加え、下品でも粗野でもない若々しいセクシーさがあったからだ。同僚の言葉を借りて表現するならば、彼の作品は「虹が空を抱くように」人の体を包んでいたという事になるだろう。

マンネリに陥らないだけのアイデアは持ち合わせている」―彼にとってはこれが一番の信条だった。個々の作品が主張し、特別なものとなることを望んでいたのだ。

コティ賞を受賞し、マスコミの称賛を浴びた彼は、ひとりのデザイナーという存在を超越していた。すなわち彼は、ファッションだけでなくライフスタイルまでも創造するイメージ・メーカー、生きた時代の文化を掴むデザイナーと評されていたのである。(vouge japanより引用)


今年の(’07)SPRING/SUMMER コレクションの1部です。
スライドにしたら、showみたいでワクワクしますね♪



’07 秋冬

何でmenzなのに 女の人の事わかってるんですかね。
何でこんなに色っぽいんのん作れるんやろ。
menzやからこそ わかる。んかな

70'Sのvintagestephen burrows

vintage1

vintage2

vintage3

70’s in ny というイベントのstephen burrows
vintage4

真ん中のドレスの色使いとか ドンピシャやわ。。

ちなみに(またも)stephen burrowsのバービーちゃんもあるんです@
ゴージャスだわ。
vintage5


ちなみに 70’sのburrowsかどうかの見分け方
70’s vintageものの タグ
VINTAGE8

90’S (たぶん今もコレ)の タグ
VINTAGE9

furaha clothingにも入れれる様に頑張りますえ。
でも なーかーなか ムコウでも見かけないんですよね。
日本にはないんちゃうかな。
集めてる人とかも少なそう。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
blog ランキングなんてもんに参加しちゃいました
↓あ!ポチ。
blog_rank

そんなこんなで 
無花果入荷しました。
 セレクトショップ Furaha clothingもよろしくです。
furaha-barner

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

| vintage designer/ビンテージ | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DIANE von FURSTENBERG(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)

afro

DIANE von FURSTENBERG(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)
diane8

ラップワンピースの大旋風を起こしたこのお方@@
70's~ワンピース等のデザインをされていたみたいですね。
最近は パリスが着たりで、セレブブランドの仲間入りです
(もともとハイファッションのデザイナーさんです。)
diane10
1972年
Feel Like a Woman,
Wear a Dress

Diane von Furstenberg designs her first dress,
a cotton jersey shirt dress, imported from Italy


diane11
1974年
first wrap dress
diane9
1976年
“The most marketable woman
since Coco Chanel”

(コレとかレトロで出来る女っぽくて ステキですね!)

diane12
1989年
Diane re-launches the original wrap dress
Inspired by a chic, young generation of woman who are buying the original 70's wrap dresses in vintage shops, Diane re-launches her dress collection

DIANE von FURSTENBERGの70's vintage ワンピースはかなりの高値!
(今流行ってるので VINTAGEモノもそれに比例して高くなるのです)
70'S vintage と今売ってるやつでは 
タグが違うので それで見分けが付けれるんです。
これが70’S VINTAGE
diane13


では、70's VINTAGEDIANE von FURSTENBERG
diane1

diane2

diane4

柄いきが レトロですね。
今のSHOPで売ってるライン
今売ってるのにも VINTAGEラインがあるみたいです。
diane5


diane6

ステキ~

diane7

バービーちゃんもラップドレス着てます

DIANE von FURSTENBERG のHP

http://www.dvf.com/

そんなこんなで、FURAHA CLOTHINGにもDIANE von FURSTENBERG 70'S VINTAGE 入荷しました。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
blog ランキングなんてもんに参加しちゃいました
↓あ!ポチ。
blog_rank

そんなこんなで 
本家本元 セレクトショップ Furaha clothingもよろしくです。
furaha-barner

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

| vintage designer/ビンテージ | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VERA NEUMAN

afro

VERA NEUMAN


ちょこちょこ見かける人もいるのでわ??
てんとう虫マークでお馴染みの
vera2


ヴェラ・ニューマン
(Vera Neumann コネティカット州スタンフォード出身 1910-1993)
はプリント・デザイナー。
彼女はそのユニークなキャリアをプレースマットのデザインから始め、ついには他の雑貨やファッションにも手を伸ばし、巨大なデザイン・カンパニーを設立するに至った。
単に「ヴェラ」として世界的に知られる彼女は、鮮やかな色彩、花柄、そしててんとう虫のトレードマークで世に認められている。
このシルクスクリーンはアメリカ国立博物館の有名な呼び物、
フーコーの振り子を描いている。
これはスミソニアン・レジデント・アソシエイト・プログラムから依頼された最初の作品である。
フーコーの振り子自体もまた、《ヴェラ/ルネサンスの女性》と題された彼女を称えるスミソニアンのプログラムに含まれていた」


 1946年に設立した会社名はPrintex。
リネンにシルクスクリーン技法でプリントしたあと、プレイスマットに
それをアルトマン(フィフス・アヴェニューのお店)で売ったのが始まり。
 次に、戦後の余剰品のパラシュート・シルクを使ってスカーフを。
 1947年にトレードマークを使用し始める。
 ビジネスの拡大とともにチーム・デザインを始める。
 
一年に500-600のデザイン。
プリントは彼らの目の届くところでなされる。
すべてコピーライト取得。 
 1960年代にはスカーフやリネンに加えて衣服にも。
1974-76年にはペリー・エリスが(!)スポーツラインのデザインに加わる。 夫の死後、衣料メーカーに会社を売り、そのデザイナーとなる。
スカーフは彼女の死後も生産し続けられ、
商標はアトランタの会社が所有。


と、未だ勉強中のタカギではありますが、
ミナサマ口を揃えて言うのは、
同じプリントのものに出会った事がない!とね♪
プリントデザイナー(シルクスクリーンデザイナー?)なので、プリントに対するこだわりがかなりあるみたいです。
洋服に限らず、テーブルウエアー・ホームウエアー等も手がけてたみたいです。
vera1


vera4



vera3


vera6


vera5

上のVERAマーク、実はサインで年代がわかるのです。
*1947-50'S 初期*
初期のスカーフは物凄く小さいプリントでVERAとサインしてあります

*50's中頃~60'S *
てんとう虫マークとコピーライトのシンボルがVERAのサインと一緒にプリントされる様になりました。60'sになると、VERAのサインが大きくなりました

*60's中頃~末*
てんとう虫サインがなくなり、VERAサインが更に大きくなります

*70's-80's*
VERAのサインが更に大きく、大胆になります

*1993*
VERAの死後、会社はVERAのサインを小さいものに戻し、
てんとう虫マークをつけるようになります

な 感じで VINTAGEって解ると面白いですね★

VINTAGE VERAの年代見分け方纏めました→VERA

VERAのスカーフをお探しの方は→VERA NEUMANN/セレクトショップ furaha clothingへどうぞ。

追記:
VERA NEUMAN2と称して、年代別のタグの見分け方を本家からお借りしました。
更に詳しく知りたい方は、→VERA NEUMAN2へどうぞ。


セレクトショップ FURAHA CLOTHINGにも VERA スカーフ お取り扱いありますので、チェックしてみて下さい。
ヴィンテージ スカーフ 古着 VERA NEUMAN

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
blog ランキングなんてもんに参加しちゃいました
↓あ!ポチ。
blog_rank

そんなこんなで 
本家本元 セレクトショップ Furaha clothingもよろしくです。
furaha-barner

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


| vintage designer/ビンテージ | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Facebookでコメントする

|TOP| NEXT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。